ブログ

ジューンブライド

2016年6月3日

みなさん、こんにちは!

紫陽花のつぼみが開き始めました。もうすぐ梅雨入りですね。レストランなどが夏に向けての冷製メニューを出し始めてきてもう夏だなあと感じています。6月といえばジューンブライドという言葉をよく聞きます。6月に結婚をすると幸せになれると言われています。今日はその由来についていくつかありましたので書きます。

まず、ローマ神話に出てくる女神のユーノーさまが由来という説があります。ユーノーさまは結婚生活の守護神と言われていてそのユーノーさまは6月1日に祭られていることから、6月に結婚をするとユーノーさまに見守られ素敵な結婚生活が出来、幸せになれると言われています。

次は、3月~5月に結婚をしている場合ではない説です。昔のヨーロッパでは結婚が出来ない月がありました。農作業が1年の中で1番忙しい時期だからそんなときに結婚をすると農作業の妨げになるため、結婚が禁止になっていたそうです。なので結婚を決めたカップルは6月まで待って6月になると多くのカップルが結婚をしました。それだけ多くの方が結婚をすると多くの方が祝福し幸せいっぱいの月になるため、6月に結婚をすると幸せになる、という説です。

今まであまり気にしていなかったんですが、様々な説がありどれもありそうな感じがしますね。他にも説がありそうなのでまた調べてみたいと思います。

IMG_6706[1]