ブログ

八百屋お七の日

2017年3月29日

1683(天和3)年のこの日、18歳の八百屋の娘・お七が、3日間の市中引回しの上、火あぶりの極刑に処せられた。

前年12月28日の大火で避難した寺で出会った寺小姓・生田庄之介のことが忘れられず、火事になればまた会えると考えて3月2日の夜に放火、火はすぐに消しとめられたが、お七は御用となった。

当時は放火の罪は火あぶりの極刑に処せられていたが、17歳以下ならば極刑は免れることになっていた。そこで奉行は、お七の刑を軽くする為に「おぬしは17だろう」と問うが、その意味がわからなかったお七は正直に18歳だと答えてしまい、極刑に処せられることとなった。

お七が丙午[ひのえうま]の年の生まれであったことから、丙午生まれの女子が疎まれるようになった

 

IMG_1542

 

丸進引越しセンターは、伊丹、西宮、尼崎周辺はもちろんのこと、全国どこにでも駆けつけます。事務所移転や海外などもお任せください。お見積りは無料で作成させていただきますので、お気軽にご連絡ください。安心と安全を第一に考えております、丸進引越しセンターをどうぞよろしくお願いします。